このページのトップへ戻る

熱レンズ効果対策保護ガラス|株式会社プロフィテット

熱レンズ効果対策保護ガラス

熱レンズ効果抑制保護ガラス

熱レンズ効果対策保護ガラス

保護ガラスは加工時に表面が汚れやすく、それが原因でレーザ光の吸収、熱の発生、フォーカスシフト、加工品質の劣化の要因となりやすい光学素子です。

熱レンズ効果対策保護ガラス熱レンズはdn/dTやCTEが最適な材料を使用しており、熱レンズ効果を抑制します。

 

通常の安価な保護ガラスはこちらから

 

 

カタログ請求はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓

カタログ請求

※本文にご連絡先(会社名、お名前、電話番号)をご記入いただけますと幸いです。

 

 

フォーカスシフトを最小化
熱による収差なし
3kW/cm2まで対応
特注対応(サイズ、コーティング)

 


標準品ラインナップ

保護ガラス番号

直径(mm)

厚さ(mm)

波長(nm)

1

24.9

3

1020 - 1100

2

29.9

5

1020 - 1100

3

31.9

6.35

1020 - 1100

4

37.9

2

1020 - 1100

5

37.9

5

1020 - 1100

6

37.9

9.8

1020 - 1100

7

50.8

3

1020 - 1100

8

94.8

3

1020 - 1100

 

 

 

関連製品

固定倍率ビームエキスパンダ 可変倍率ズームエキスパンダ fθレンズ

ビームエキスパンダ

ズームエキスパンダ

fθレンズ

テレセントリックレンズ ビームシェーパー QBHコリメータ

テレセントリックレンズ

ビームシェーパー

QBHコリメータ


ホーム サイトマップ
会社情報 製品情報 採用情報 お問い合わせ アクセス