このページのトップへ戻る

ピコ秒ファイバーレーザ|株式会社プロフィテット

ピコ秒基本波ファイバレーザ

ピコ秒ファイバーレーザ

ピコ秒ファイバーレーザ

ピコ秒パルスのファイバーレーザ(1030nm)です。
ファイバーレーザベースの為、非常に高品質でメンテナンス性に優れたレーザです。
ガラス、サファイヤ、シリコン、SiC、セラミックス、ニチノール、CFRP、PCD、CVDダイヤモンドの切断、穴あけ、スクライブや、薄膜パターニング、ガラス、サファイヤ、シリコン、SiC、金属、プラスチックのマーキングに最適です。

 

製品仕様
波長

1030nm

平均パワー

15W

20W

50W

パルスエネルギー

30uJ

40uJ

50uJ

繰り返し周波数

500kHz

500kHz

1MHz

パルス幅

50ps

M2

<1.3

出力安定性

<±5%

使用温度

10〜30℃

保存温度

5〜70℃

冷却

水冷

電源

AC100〜240V(50/60Hz)

ウォームアップタイム

10分

寸法

345(幅)×420(奥行き)×126(高さ)mm

 

 

アプリケーション例

 

ガラスの穴あけ

ガラスの穴あけ

高いパルスエネルギー、高いビーム品質、高い繰り返し周波数のファイバーレーザにより、ガラスに対してテーパーフリーの高速穴あけ加工が可能となります。

 

 

 

 

 

 

ガラスのマーキング

ガラスのマーキング

高いピークパワーのレーザビームをガラスに照射することによりマイクロクラックを形成し、マーキングを行うことができます。この効果はガラスの内側にも同様に起こるため、ガラスの表面はそのままで内部にマーキングを行うと行ったことも可能となります。

 

 

 

薄膜パターニング

薄膜パターニング

薄膜は太陽光発電装置、ディスプレイなど様々な用途に使用されています。高繰り返しの単パルスレーザはこ、基板を損傷することなくコーティングを選択的にアブレーションすることにより、これらのコーティングを高精度で高速にパターン化するのに最適です。

 

 

ステンレスのマーキング

ステンレスのマーキング

ピコ秒領域の赤外パルスレーザは、医療機器で一般的に使用される減菌プロセスに耐えるステンレス鋼表面上に永続的な高コントラストのマーキングを生成することができます。選択されたプロセスパラメータに応じて、最大のコントラストを有する黒マークまたは様々な色のマークを達成することができます。


ホーム サイトマップ
会社情報 製品情報 採用情報 お問い合わせ アクセス