このページのトップへ戻る

ウォータージェットレーザ加工ヘッド|株式会社プロフィテット

ウォータージェットレーザ加工ヘッド

ウォータージェットレーザ加工ヘッド

ウォータージェットレーザ加工ヘッド
ウォータージェットレーザ加工ヘッドは水を媒体としレーザを加工点に伝送してレーザ加工するための加工ヘッドです。
最小で直径30umのウォータージェットの中を近赤外光が伝搬しワークまで到達します。

ウォータージェットレーザ加工ヘッド構造

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォータージェットレーザ加工のメリット

ウォータージェットレーザ加工ヘッドによる0.01mm厚SUS切断

ウォータージェットレーザ加工ではアルミ、シリコン、シリコンカーバイド、ニッケル、インコネル、タングステン、タングステンカーバイド、ステンレス、カーボンスチール、セラミック、カーボンファイバなど様々な材料を高品質に加工することができます。

 

 

 

ウォータージェットレーザ加工のメリット

 

ウォータージェットレーザ加工のメリット

 

   ◯ バリフリーの高品質レーザ切断
   ◯ 熱影響の少ないレーザ加工
   ◯ フォーカス位置の調整不要
   ◯ 高アスペクト比レーザ加工
   ◯ 高アスペクト比穴あけ(アスペクト比400:1)
   ◯ 広いプロセスウィンドウ
   ◯ キャビティ内の加工
   ◯ 傾斜面の加工
   ◯ EDMのような加工
   ◯ ツール費なし、楽なセッティング 

 

 

 

 

 

高出力近赤外(IR)レーザのカップリング

これまでウォータージェットレーザ加工において近赤外(IR)光は吸収があるため使えないと言われてきました。この課題に長年に渡り取り組み、ついにマルチキロワットの近赤外レーザをウォータージェットにカップリングする技術が開発されました。

 

 

 

エアジェット(ドライワーキングエリア=高品質レーザ切断)

エアジェット機構

本ウォータージェットレーザ加工ヘッドはエアジェット機構も備え、加工点付近の水などの堆積を防ぐことで最大限の加工パフォーマンスを維持します。またエアジェットにより、加工点からの水の戻りも防ぐことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

加工サンプルと動画

ウォータージェットレーザ加工サンプル 

 

 

ウォータージェットレーザ加工ヘッド仕様

レーザヘッド
ファイバコネクタ QBH
波長 1064〜1080nm
ウォータージェット 0.03〜0.08mm
ノズルアライメントモジュール 高画素カメラベース光学アライメントシステム
寸法 173?90?485mm
重量 7.5kg
ウォーターポンプ
圧力レンジ 50〜550bar出力圧力
圧力安定度 脈動フリーウォータージェット±1bar
水要件 脱イオン水、3ステップフィルタ
モニタリング

水伝導性モニタリングセンサ+ディスプレイ
ポンプ出力圧力センサ+ディスプレイ
水圧センサ+ディスプレイ
マノメータ

寸法 650?420?500mm
重量 52kg(水は含まれません)
ユーティリティ
2〜5気圧で水道水をポンプに供給
CDA

入力1:レーザヘッドへ接続(0〜50NI/分)
入力2:レーザヘッドへ接続(0〜2bar)
入力3:ウォーターポンプへ接続(4〜5bar)

パワー

ライン1:レーザヘッド用(100〜230V, 50/60Hz)
ライン2:ウォーターポンプ用(12〜24VDC)


ホーム サイトマップ
会社情報 製品情報 採用情報 お問い合わせ アクセス