このページのトップへ戻る

高出力レーザ用ファイバtoファイバカプラ|株式会社プロフィテット

高出力レーザ用ファイバtoファイバカプラ

高出力レーザ用ファイバtoファイバカプラ

ファイバtoファイバカプラ

高出力レーザ用ファイバtoファイバカプラはフィーディングファイバとプロセスファイバのインターフェースです。反射光などによるフィーディングファイバのダメージはレーザ修理を必要とし大きなダウンタイムにつながります。高出力レーザ用ファイバtoファイバカプラはこうしたリスクを減らします。

高品質の合成石英によりファイバレーザ(1030〜1090nm)、ダイオードレーザ(800〜1100nm)において最大10kまでのレーザ光でご使用いただけます。

 

 

 

ビームカプラの説明図 

 

 

特徴

  • コネクタ:            QBH、QD、Q5、またはPT-F
  • 倍率:                0.6倍、1.0倍、1.2倍、2.0倍
  • 材質:                高品質合成石英
  • レーザパワー:    10kW
  • 冷却:                水冷 

 

 

仕様

 

ファイバレーザ

ダイオードレーザ

波長

1030〜1090nm

800〜1100nm

レーザパワー

8kW

10kW

倍率

0.6倍、1.0倍、1.2倍、2.0倍

最大NA

0.18

0.26

 

 


ホーム サイトマップ
会社情報 製品情報 採用情報 お問い合わせ アクセス