このページのトップへ戻る

光ファイバ同心度測定モニター|株式会社プロフィテット

光ファイバ同心度測定モニター

光ファイバ同心度測定モニター

 

光ファイバ偏心量測定器

光ファイバ同心度測定モニターCCM-1000はファイバの線引きある いは巻き戻し中に、光ファイバとコーティングの同心度を測定する多システムです。パターン認識を追加した、「前方散乱」の原理を特徴としていて、全ての 標準屈折率アクリルコートファイ バの数値計測が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 ■ 特徴
  ・直行する2軸で計測
  ・稼働部なし
  ・側面開放部からのファイバを容易に通すことができる
  ・標準〜低屈折率のアクリルコートをサポート(低屈折率では若干の制限あり)
  ・コーティングの同心度(振幅、角度)の数値計測およびロギング
  ・ファイバ位置の計測
  ・3rdパーティシステムへの接続

 

 

 

 ■測定原理

 

CCM測定原理

ファイバの表面に二つの垂直なレーザビーム源が投影されます。投影されたビームはファイバとコーティング層を透過し、位置により異なる散乱パターンを生成します。 生成されたパターンは高解像度 CCD センサーにて受光され、USB 経由で PC にデータ送信されま す。イメージ認知ソフトウエアが散乱したパターンの特徴を検知し、偏心度を計算します。加えて、散 乱パターンがスクリーン上に表示され、操作者は散乱の特徴を観察することが出来ます。

 

 

 

 

CCM測定画面 

 

 

 

 ■計測仕様

 

CCM-1001

CCM-1002

ファイバ径(コーティングを含む)

50〜1000um

コーティング径/ファイバ径 比率

1.5〜4

同心度測定範囲

0〜10um (ファイバ/コーティング寸法に依存)

同心度測定精度

±1um(ファイバ形状に依存)

分解能

±0.1um

位置測定範囲

-1000〜1000um

位置測定精度

±10um

演算時間

1〜10ms

フレームレート

10fps

125fps

 

 ■装置仕様

光源 650nmレーザダイオード(オプションで白色光源)
センサー CCD
重量 約2kg
サイズ 180×120×58mm
ベースプレート及びカバー材質 アルマイト処理されたステンレス
PC接続インターフェース USB2.0
ソフトウェア CCM-1000専用ソフトウェア(Win 7, 8, 10対応)
電源 USB供給


ホーム サイトマップ
会社情報 製品情報 採用情報 お問い合わせ アクセス