このページのトップへ戻る

レーザ加工機|株式会社プロフィテット

ウォータージェットレーザ加工装置

ウォータージェットレーザ加工機

ウォータージェットレーザ加工機ウォータージェットレーザ技術をベースとした3軸の精密レーザマシニングセンターです。レーザがウォータージェットの中を導光し、ワークを加工します。
30~80umと人間の髪の毛よりも細いウォータージェットの中を光が伝搬します。
本製品はアルミニウム、窒化アルミニウム、ボロンカーバイド、カーボンファイバ、銅合金、GdBCO、インコネル、ニッケル合金、シリコン、シリコンカーバイド、タングステンカーバイドのような、多種多様な導電体、半導体、絶縁体などのワークを加工することができます。
特許取得済みのハイパワーIRレーザカップリング方式や独自のエアジェットプロテクションなどにより、高速でかつ高品質な加工を提供します。

 

 

 

ウォータージェットレーザ加工についての詳細(加工例や加工動画あり)はこちらより

 

 

ウォータージェットレーザ加工装置の特徴

  • 長いワーキングディスタンス(フォーカス位位置調整不要)
  • HAZなし、ばりなし、優れた加工品質
  • カーフ幅40umでアスペクト比 400:1 ※
  • Φ0.3mmの微細ストレート穴あけ(アスペクト比 200:1) ※
  • 傾斜切断、傾斜穴あけ
  • フリーフォーム切断
  • ツール費なし(低ランニングコスト)
  • 長時間自動運転

※材料によります

 

 

ウォータージェットレーザ加工装置の構成

ウォータージェットレーザ加工装置の構成

 

  1. 独自のエアジェット機能、高出力近赤外レーザカップリング機構、簡易メンテナンス設計のウォータージェットレーザ加工ヘッド
  2. 天然石の一枚板をベースにした高剛性ガントリー型3軸リニアモーションシステム
  3. X600 ✕ Y600 ✕ Z300mmの大きな軸移動量で大型ワークの加工に対応
  4. CNC操作とレーザ加工制御のための2つの独立した大型モニタを搭載したヒューマンマシンインターフェース
  5. 900 ✕ 800mmの大きなレーザセーフティウインドウで、レーザ加工の様子を安全に確認
  6. ワークピースやクランプシステムを柔軟活用位に固定できる1000個以上のM6タップ穴を備えたワークテーブル

 

 

 

ウォータージェットレーザ加工装置の仕様

マシン 構成 ガントリータイプの3軸リニアモーション(天然石ベース)
軸移動範囲 X: 600mm、Y: 600mm、Z: 300mm ボールねじ
位置精度 ±2um (<500mm/秒)
位置再現性 ±0.5um
ダイナミクス G0: 最大1500mm/秒、G1: 最大1000mm/秒、加速1G
CNCコントロール B&R/Beckhoff
寸法・重量 L x W x H = 1600 x 2000 x 2250mm、3500kg
レーザプロセス 独自技術 独自のカップリング、エアジェット、カップリングユニット
加工ヘッド型式 LJFK45IR
レーザタイプ CW近赤外ファイバーレーザ
波長 1080nm
出力 3000W / 4000W(オプション)
ファイバコア径/ビーム品質 50um、BPP 2.0(典型値)
ウォーターポンプ ポンプタイプ ウォータージェット専用高圧ウォーターポンプ
ポンプ型式 AVHPP600
水圧 50~550bar、脈動なしウォータージェット
ウォータージェットノズル径 30~80um
浄水装置 脱イオン、3ステップフィルタ
ユーティリティ

水道水(<20℃)またはタンクからの蒸留水
消費量は約1リットル/時間

圧縮空気

6~8barのドライでオイルフリーの圧縮空気
ポンプで40NI/時間、プロセスで300~900NI/時間の消費

電源

1 x 380~415V(±10%)
3P-N、1x 3x400V

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
会社情報 製品情報 採用情報 お問い合わせ アクセス